Tag: 半導体 レーザ

日亜化学レーザー ダイオード日亜化学レーザー ダイオード

日亜化学レーザー ダイオードNichia Laser Diodes LD 日亜化学レーザー ダイオードNichia Laser Diodes, GaN系LDは、発振波長の広帯域化、高出力化など、日々進歩を続けています。発振波⻑はUV領域から可視光である⻘⾊、緑⾊域まで広がり、主にプロジェクター向けや露光機、内視鏡などの産業機向けに⽤途が拡⼤しています。今後は⾃動⾞のヘッドライト、ヘッドマウントディスプレイ、レーザー加⼯など、さらに新しいさまざまな⽤途への応⽤展開が期待されています。世界⼀の品質、幅広い製品群、安定供給をキーワードに、お客さまの多様なニーズに対応していきます。 紫外~赤色の波長帯をラインナップ産業分野をはじめ、民生、車載など、幅広い分野に対応 単色性LDはスペクトル幅が狭いため、単色性に優れ、高い色再現性を有します。 指向性・集光性LDはビームの放射⾓が狭く、また発光面積も小さいため、集光性に優れます。 光出力の線形性LDは高電流においても光出力の線形性に優れています 創業以来の技術を基盤に、NICHIAは、LED、LD(半導体レーザー)および半導体材料の開発・製造を推進。光のイノベーターとして、明日の暮らしと産業を支えていきます。また、エネルギー分野のキーマテリアルである正極材料、蛍光体、磁性材料、真空蒸着材料、有機金属錯体、医薬品原料などにおいても、創業時より培ってきた粉体技術をベースとして、独創的な商品開発に次々と挑戦しています。これからもNICHIAは、企画から開発・設計・量産試作・量産・販売・物流にいたる品質マネジメントを展開しながら、環境にも配慮した世界一のものつくりとともに、お客さまの満足に向けたサービスの充実を図っていきます。 ※LED/LDの詳細については、LED/LDサイトもご参照ください。 日亜化学工業株式会社 レーザーダイオード (LD) 紫外~赤色の波長帯をラインナップ産業分野をはじめ、民生、車載など、幅広い分野に対応製品の特徴単色性単色性LDはスペクトル幅が狭いため、単色性に優れ、高い色再現性を有します。...

半導体 レーザ半導体 レーザ

半導体レーザーは、半導体ゲイン媒体に基づく固体レーザーであり、光増幅は通常、伝導帯のキャリア密度が高い条件下でのバンド間遷移での誘導放出によって実現されます。 光ポンピングされた半導体のゲインの物理的起源(バンド間遷移の通常の場合)を図1に示します。ポンピングがない場合、ほとんどの電子は価電子帯にあります。バンドギャップエネルギーをわずかに超える光子エネルギーを持つポンプビームは、電子を励起して伝導帯のより高い状態にし、そこから伝導帯の底部近くの状態に急速に減衰させることができます。同時に、価電子帯に生成された正孔は価電子帯の最上部に移動します。次に、伝導帯の電子はこれらの正孔と再結合し、バンドギャップエネルギーに近いエネルギーで光子を放出します。このプロセスは、適切なエネルギーを持つ入射光子によっても刺激されます。定量的な説明は、両方のバンドの電子のフェルミ-ディラック分布に基づくことができます。...