Category: dpss レーザー

レーザ発振レーザ発振

レーザ発振 レーザの発振原理(1)基底状態原子は芯になる原子核と、そのまわりを回る電子から構成されています。レーザ媒質中の原子がもっとも安定した状態のことを基底状態といいます。 (2)励起状態基底状態にある原子に外部から光などのエネルギーを与えると、電子がいったん外側の軌道に飛び、高いエネルギー状態(励起状態)となります。(図中2) (3)自然放出励起状態の原子は不安定なので、自然に元の基底状態に戻ります。その時にエネルギー(光)を放出します。 これを自然放出といいます。(図中3,4) (4)誘導放出自然放出された光が、他の励起状態の原子に入射し、自然放出光に刺激されて基底状態に戻ります。この時にエネルギー(光)を放出します。これを誘導放出といいます。誘導放出光は、入射した自然放出光と同じ方向・波長の強いエネルギー(光)となります。(放出される光の波長はレーザ媒質に含まれる原子の種類により異なります。) (5)反転分布状態レーザ媒質に対して強力なエネルギーを供給すると、励起状態の原子数が増え(ポンピング)、基底状態の原子数を上回った状態になります。これを反転分布状態といいます。 この状態で外から同じ周波数の光信号(種)を送ると、誘導放出過程により光増幅が行われます。励起状態の原子が連鎖反応的に同一方向に向けて光を放出し、より強い光が得られるのです。...

940nm  IR レーザー 940nm  IR レーザー 

フォーカス可能な 940nm 1mw IR IR レーザー モジュール 。 940nm 300mw 5.6mm シングルモード赤外線レーザーダイオード 5φ砲弾型赤外線LED 940nm シャープ 940Nm 赤外線LED, 3014 ピーク波長:940nm 、 パッケージタイプ:3014...

570nmファイバーカップリングレーザー570nmファイバーカップリングレーザー

Kalaser FC レーザー (ファイバー カップリング レーザー システム) は、レーザー ダイオード、レーザー キャビティ、ファイバー結合光学系、電源、LD 電流、結晶温度制御を 1 つに統合しています。コンパクトな寸法と、出力調整、温度制御、LED などの便利な機能を備えています。ディスプレイなど、ポンピング、科学研究、産業および医療用途に非常に適しています。 MPB Communications社 高出力CW 570nm イエロー(黄色)レーザー 独自のラマンアンプを用いて数W出力のCW発振が可能なレーザーです。SHG変換も含めて全てオールファイバーベースのため、極めて高い安定性を誇ります。...

ピコ 秒 レーザーPicosecond laserピコ 秒 レーザーPicosecond laser

ピコレーザーはどのように機能しますか? ピコレーザー技術は、色素性病変や入れ墨(治療可能な色)の迅速、効果的、高度に選択的な治療を可能にします。 このレーザーはまた、皮膚でのエラスチン生成を促進し、より柔らかく、より豊かで、より若々しい肌をもたらします。 ピコ秒レーザーとは何ですか?ピコ秒レーザーは、パルス幅がわずか1012秒と大幅に短縮されているため、革新的なレーザー技術です。 1.皮膚の色のレーザー治療は、炎症後の色素沈着低下や色素沈着過剰、さらには瘢痕化などの望ましくない副作用を引き起こす可能性があります。...

yag レーザー と はyag レーザー と は

YAGレーザーは何に使用されますか?YAGレーザーは、眼内レンズの背面から霜を取り除くために使用されるレーザーです。 YAGレーザー治療は痛みがなく、目の外側から数分で完了します。 YAGレーザーの利点は何ですか?ND YAGスキントリートメントの利点は何ですか?肌のトーンを改善します。酒皶を減らし、顔面静脈に糸をかけます。顔のしわや小じわを減らします。シミや茶色の色素沈着などの日焼けによるダメージを治療します。肌を引き締めます。新しいコラーゲンとエラスチン組織の生成を刺激します。...

レーザー発振器Laser oscillatorレーザー発振器Laser oscillator

レーザーは基本的にコヒーレント光発振器であり、発振器の基本的な機能は入力信号なしで共振発振によりコヒーレント信号を生成することです。 レーザー発振のために外部光場が光共振器に注入されることはありません。 レーザー物理学では、レーザーデバイスにレーザー発振器という用語を使用して、刺激放出による増幅はあるがレーザー発振はない光増幅器、または発振器と増幅器の組み合わせと明確に区別することがあります。 レーザーは、光増幅器と光フィードバック用の共振器で構成される高周波光発振器(通常、光周波数は数百テラヘルツのオーダー)と見なすことができます。 同様に、光パラメトリック発振器は、光共振器内に光パラメトリック増幅器を含むデバイスです。 レーザー発振器とは対照的に、一種の非線形増幅を利用します。 その上、短い光パルスの列を生成する光電子発振器があります。...

パルス レーザーPulsed laserパルス レーザーPulsed laser

パルスレーザーとは、連続波として分類されていないレーザーを指します。そのため、光パワーは、一定の繰り返し率で一定の持続時間のパルスで表示されます。これには、さまざまな動機に対処する幅広い技術が含まれます。一部のレーザーは、連続モードで実行できないという理由だけでパルス化されます。 その他の場合、アプリケーションでは、可能な限り大きなエネルギーを持つパルスを生成する必要があります。パルスエネルギーは平均電力を繰り返し率で割ったものに等しいため、パルスの速度を下げてパルス間​​にさらにエネルギーを蓄積することで、この目標を達成できる場合があります。たとえばレーザーアブレーションでは、非常に短時間で加熱すると、ワークピースの表面にある少量の材料を蒸発させることができますが、エネルギーを徐々に供給すると、ワークピースの大部分に熱が吸収されます。 、特定のポイントで十分な高温に達することはありません。 パルスレーザーは、連続モードではなく、光パルス(光フラッシュ)の形で光を放射するレーザーです。 この用語は、通常ナノ秒パルスを放出するQスイッチレーザーに最も一般的に使用されますが、この記事では、より広範囲のパルス生成レーザーの概要を説明します。 他のアプリケーションは、特に非線形光学効果を得るために、(パルスのエネルギーではなく)ピークパルスパワーに依存しています。与えられたパルスエネルギーに対して、これは、Qスイッチングなどの技術を利用して可能な限り短い持続時間のパルスを作成することを必要とします。 パルスの光帯域幅は、パルス幅の逆数より狭くすることはできません。非常に短いパルスの場合、これは、連続波(CW)レーザーに典型的な非常に狭い帯域幅とはまったく逆に、かなりの帯域幅でレーザー発振することを意味します。一部の色素レーザーおよび振動固体レーザーのレーザー媒質は、広い帯域幅にわたって光学ゲインを生成し、レーザーを可能にします。これにより、数フェムト秒という短い光のパルスを生成できます。 パルスNd:YAGおよびEr:YAGレーザーは、他のアプリケーションの中でも、レーザータトゥー除去およびレーザー距離計で使用されます。 パルスレーザーは、軟部組織の手術にも使用されます。 レーザー光線が軟部組織に接触した場合、重要な要素の1つは、周囲の組織を過熱しないことです。これにより、壊死を防ぐことができます。...

dpss レーザーdpss レーザー

ダイオード励起固体レーザー(DPSSL)は、レーザーダイオードを使用して、ルビーやネオジメチルをドープしたYAG結晶などの固体利得媒体を励起することによって作成された固体レーザーです。 DPSSLは、他のタイプに比べてコンパクトさと効率の点で利点があり、高出力DPSSLは、多くの科学的アプリケーションでイオンレーザーやフラッシュランプ励起レーザーに取って代わり、現在、緑色やその他のカラーレーザーポインターで一般的に使用されています。 LD励起固体(DPSS : Diode Pumped Solid State)レーザは、半導体レーザ(LD)を励起光とする固体レーザです。  現在のLDは高出力で高効率、さらに長寿命になっているので励起光として使用されていますが、LDが現在ほど高性能でなかった頃はフラッシュランプが励起光として採用されていました。フラッシュランプは励起光源として安価で高出力という特徴がありますが、発光スペクトルが250nm~1000nmと広帯域なためレーザ結晶の吸収スペクトルとの整合性が良くなく、レーザ結晶への熱負荷が大きいという問題がありました。...