Author: kaka

レーザ発振レーザ発振

レーザ発振 レーザの発振原理(1)基底状態原子は芯になる原子核と、そのまわりを回る電子から構成されています。レーザ媒質中の原子がもっとも安定した状態のことを基底状態といいます。 (2)励起状態基底状態にある原子に外部から光などのエネルギーを与えると、電子がいったん外側の軌道に飛び、高いエネルギー状態(励起状態)となります。(図中2) (3)自然放出励起状態の原子は不安定なので、自然に元の基底状態に戻ります。その時にエネルギー(光)を放出します。 これを自然放出といいます。(図中3,4) (4)誘導放出自然放出された光が、他の励起状態の原子に入射し、自然放出光に刺激されて基底状態に戻ります。この時にエネルギー(光)を放出します。これを誘導放出といいます。誘導放出光は、入射した自然放出光と同じ方向・波長の強いエネルギー(光)となります。(放出される光の波長はレーザ媒質に含まれる原子の種類により異なります。) (5)反転分布状態レーザ媒質に対して強力なエネルギーを供給すると、励起状態の原子数が増え(ポンピング)、基底状態の原子数を上回った状態になります。これを反転分布状態といいます。 この状態で外から同じ周波数の光信号(種)を送ると、誘導放出過程により光増幅が行われます。励起状態の原子が連鎖反応的に同一方向に向けて光を放出し、より強い光が得られるのです。...

940nm  IR レーザー 940nm  IR レーザー 

フォーカス可能な 940nm 1mw IR IR レーザー モジュール 。 940nm 300mw 5.6mm シングルモード赤外線レーザーダイオード 5φ砲弾型赤外線LED 940nm シャープ 940Nm 赤外線LED, 3014 ピーク波長:940nm 、 パッケージタイプ:3014...

570nmファイバーカップリングレーザー570nmファイバーカップリングレーザー

Kalaser FC レーザー (ファイバー カップリング レーザー システム) は、レーザー ダイオード、レーザー キャビティ、ファイバー結合光学系、電源、LD 電流、結晶温度制御を 1 つに統合しています。コンパクトな寸法と、出力調整、温度制御、LED などの便利な機能を備えています。ディスプレイなど、ポンピング、科学研究、産業および医療用途に非常に適しています。 MPB Communications社 高出力CW 570nm イエロー(黄色)レーザー 独自のラマンアンプを用いて数W出力のCW発振が可能なレーザーです。SHG変換も含めて全てオールファイバーベースのため、極めて高い安定性を誇ります。...

光可変減衰器(マルチモード)OPTICAL ATTENUATOR光可変減衰器(マルチモード)OPTICAL ATTENUATOR

Kalaser 光可変減衰器Optical Attenuator 可変光減衰器 (Variable Optical Attenuator) 光可変アテネータ(VOA)とは、波長毎に光信号の強さを調整する部品です。光ファイバアンプなどを使用して光信号を増幅する場合、波長により増幅率等が異なるため、受信側ではチャンネル毎に信号の強さにバラツキが発生してしまうという問題があります。したがって、チャンネル毎の信号の強さのバラツキを抑える技術が不可欠となります。このバラツキを抑えるのがVOAです。送信側にVOAを配置し、チャンネル毎の増幅率の違いや、伝送路損失の波長特性といった、光路の特性にあわせて光入力を調整することにより、受信側での光出力を一定にさせることができます。  波長ごとにレベルを調整する可変アッテネータには、ファイバを曲げたり、行路中に遮蔽板を挿入したりする機械的な方式や、磁気光学素子と偏光子を組み合わせた磁界制御式のものがありますが、いずれも集積化や多チャンネル化が困難です。 また、PLCを用いたものは、TO効果で制御するので、消費電力軽減などの課題はあるが、集積化に優れています。  現在導入が進んでいる高密度光波長多重伝送(DWDM)システムですが、次世代DWDMシステムにおいては、下記の点から光ファイバアンプを使用することが増えるため、VOAが必須のコンポーネントになります。  ○ 高密度光波長多重伝送光ファイバを使った通信技術の一つ。波長の異なる複数の光信号を1本の光ファイバに同時に入射し伝送することにより、光ファイバ1本あたりの情報伝送量を飛躍的に増大させる技術を「波長多重伝送=WDM:Wavelength Division Multiplexing」という。情報量の需要増加に対して、波長数を増加させることで対応することができるため、新たに伝送路そのものを増やす場合と比較して、経済的に情報伝送量を増大させることができる。WDMをより高密度化したものをDWDM:Dense Wavelength Division Multiplexing「高密度波長多重伝送」という。 株式会社多摩川電子は、増幅器・減衰器 。 光可変減衰器(マルチモード)OPTICAL...

レーザー ダイオードレーザー ダイオード

レーザーダイオード(英語: laser diode)とは半導体の再結合発光利用したレーザーのことを指し、半導体レーザーとも呼ばれ、LDと表記されることもあります。 レーザーの色は半導体の構成元素により決まります。常温で動作するものと共振器構造や出力電力によっては冷却が必要なものもあります。 LEDとの違いとしては、大まかにいうとレーザダイオードに関してはレーザ発振の条件をみたしていることです。光の波長や振幅にばらつきが、レーザダイオードの方がより少なくなります。 レーザーダイオードの使用用途レーザーダイオードは小型で消費電力が少なく安価に製造できるため、民生の情報機器で広く用いられています。 CDやDVDやBD等の光学ドライブの光ピックアップ、コピー機やレーザープリンター、光ファイバーを用いた通信機器などに利用されています。また、高出力なものではレーザーマーカーやレーザー加工機などにも応用されています。 他にもレーザー光のもつ拡散しにくく遠距離まで届くという性質を用いて、測量機器や物を指し示すレーザーポインターとしても利用されており、低出力赤色半導体レーザー素子の小型化・低価格化とともに大きく普及しました。 レーザーダイオードの仕様レーザーダイオードの仕様を理解するためにはL/I曲線を利用します。この曲線を用いることで出力される光強度に対して供給される駆動電流を記録しておくことができるようになります。 この曲線はレーザーでの動作点(定格発光出力での駆動電流)及び閾値電流(レーザーの発振開始電流)を決定するために使用されており、特定の電流で高出力を得るのに必要な電流を決定するためにも使用されています。 この曲線図を読むことで光出力は温度に大きく依存しており、温度が上昇するとレーザー特性も低下することが分かるようになっています。このことからL/I曲線を取り入れることでレーザーダイオードの効率を視覚化し、推定することが可能になっています。 レーザーダイオードと発光ダイオードの違い発光ダイオードは位相がバラバラなので放射状に光線が拡散します。対してレーザーダイオードは位相が揃っているため直線的な光線になります。 よって、発光ダイオードでは発光層の面が広いためコア系の小さなファイバに入射するのが難しい特性があります。一方で、レーザーダイオードは発光層が狭いがコア系の小さなファイバには入射しやすいという側面を持ち合わせています。 そして、レーザーダイオードは放出されたすべての光子が別の原子に衝突することで光子を放出するため生成された光はコーヒーレントで光線は単色になります。これに対して発光ダイオードで生成される光はインコーヒーレントで放出される光は様々な色で構成されます。 レーザーダイオードの寿命レーザーダイオードの平均寿命は動作環境(動作温度、静電気、電源でのサージ)によって異なり、一般的には10,000から50,000時間といわれています。 ここでは平均寿命に影響する動作環境要因のうち動作温度について説明します。 まず動作温度の影響では動作温度が10℃上昇すると寿命が半分に減少するといわれており、最大動作温度を超えて上昇が続く場合はレーザーダイオードが損傷したり、長期的なパフォーマンスが低下したりする可能性が大きくなっていくことが分かっています。そして、動作温度における劣化速度は動作温度とともに指数関数的に上昇していきます。 したがって、動作温度による影響を減少し、発光出力を向上させる目的としてヒートシンク(放射板)を使用することが推奨されています。...

日亜化学レーザー ダイオード日亜化学レーザー ダイオード

日亜化学レーザー ダイオードNichia Laser Diodes LD 日亜化学レーザー ダイオードNichia Laser Diodes, GaN系LDは、発振波長の広帯域化、高出力化など、日々進歩を続けています。発振波⻑はUV領域から可視光である⻘⾊、緑⾊域まで広がり、主にプロジェクター向けや露光機、内視鏡などの産業機向けに⽤途が拡⼤しています。今後は⾃動⾞のヘッドライト、ヘッドマウントディスプレイ、レーザー加⼯など、さらに新しいさまざまな⽤途への応⽤展開が期待されています。世界⼀の品質、幅広い製品群、安定供給をキーワードに、お客さまの多様なニーズに対応していきます。 紫外~赤色の波長帯をラインナップ産業分野をはじめ、民生、車載など、幅広い分野に対応 単色性LDはスペクトル幅が狭いため、単色性に優れ、高い色再現性を有します。 指向性・集光性LDはビームの放射⾓が狭く、また発光面積も小さいため、集光性に優れます。 光出力の線形性LDは高電流においても光出力の線形性に優れています 創業以来の技術を基盤に、NICHIAは、LED、LD(半導体レーザー)および半導体材料の開発・製造を推進。光のイノベーターとして、明日の暮らしと産業を支えていきます。また、エネルギー分野のキーマテリアルである正極材料、蛍光体、磁性材料、真空蒸着材料、有機金属錯体、医薬品原料などにおいても、創業時より培ってきた粉体技術をベースとして、独創的な商品開発に次々と挑戦しています。これからもNICHIAは、企画から開発・設計・量産試作・量産・販売・物流にいたる品質マネジメントを展開しながら、環境にも配慮した世界一のものつくりとともに、お客さまの満足に向けたサービスの充実を図っていきます。 ※LED/LDの詳細については、LED/LDサイトもご参照ください。 日亜化学工業株式会社 レーザーダイオード (LD) 紫外~赤色の波長帯をラインナップ産業分野をはじめ、民生、車載など、幅広い分野に対応製品の特徴単色性単色性LDはスペクトル幅が狭いため、単色性に優れ、高い色再現性を有します。...

ピコ 秒 レーザーPicosecond laserピコ 秒 レーザーPicosecond laser

ピコレーザーはどのように機能しますか? ピコレーザー技術は、色素性病変や入れ墨(治療可能な色)の迅速、効果的、高度に選択的な治療を可能にします。 このレーザーはまた、皮膚でのエラスチン生成を促進し、より柔らかく、より豊かで、より若々しい肌をもたらします。 ピコ秒レーザーとは何ですか?ピコ秒レーザーは、パルス幅がわずか1012秒と大幅に短縮されているため、革新的なレーザー技術です。 1.皮膚の色のレーザー治療は、炎症後の色素沈着低下や色素沈着過剰、さらには瘢痕化などの望ましくない副作用を引き起こす可能性があります。...

yag レーザー と はyag レーザー と は

YAGレーザーは何に使用されますか?YAGレーザーは、眼内レンズの背面から霜を取り除くために使用されるレーザーです。 YAGレーザー治療は痛みがなく、目の外側から数分で完了します。 YAGレーザーの利点は何ですか?ND YAGスキントリートメントの利点は何ですか?肌のトーンを改善します。酒皶を減らし、顔面静脈に糸をかけます。顔のしわや小じわを減らします。シミや茶色の色素沈着などの日焼けによるダメージを治療します。肌を引き締めます。新しいコラーゲンとエラスチン組織の生成を刺激します。...

レーザー発振器Laser oscillatorレーザー発振器Laser oscillator

レーザーは基本的にコヒーレント光発振器であり、発振器の基本的な機能は入力信号なしで共振発振によりコヒーレント信号を生成することです。 レーザー発振のために外部光場が光共振器に注入されることはありません。 レーザー物理学では、レーザーデバイスにレーザー発振器という用語を使用して、刺激放出による増幅はあるがレーザー発振はない光増幅器、または発振器と増幅器の組み合わせと明確に区別することがあります。 レーザーは、光増幅器と光フィードバック用の共振器で構成される高周波光発振器(通常、光周波数は数百テラヘルツのオーダー)と見なすことができます。 同様に、光パラメトリック発振器は、光共振器内に光パラメトリック増幅器を含むデバイスです。 レーザー発振器とは対照的に、一種の非線形増幅を利用します。 その上、短い光パルスの列を生成する光電子発振器があります。...